船舶免許について

船舶免許とは

はじめに

はじめに

小型船舶操縦者とは、小型船舶の船長のことです。小型船舶とは、総トン数(船の容積を表すトン数)20トン未満の船舶及び一定の条件を備えた総トン数20トン以上のスポーツ又はレクリェーションのみに用いられる長さ24メートル未満の船舶をいいます。
そして、小型船舶操縦者になろうとする者は小型船舶操縦士の免許(通称ボート免許)を取得し、小型船舶操縦者として乗船するときは、有効な小型船舶操縦免許証を携行しなければなりません。

プレジャーボート

プレジャーボートとは海洋性レジャーに使用される船舶の総称で、そのほとんどが小型船舶です。
モーターボートは、クルージングや釣りなど色々な楽しみ方が手軽に出来ることに加え、低価格なフィッシングボートやレンタルボート、トレーラーボーテングの普及等もあって、隻数も多く、プレジャーボートの代表格です。水上オートバイは、そのスポーツ性や手軽さから急速に普及し、その愛好者同士で競技大会なども開催されるようになりました。
平成20年度末の集計では、モーターボートは約22万隻で、プレジャーボートの71.7%を占めており、水上オートバイは、約7.6万隻約24.5%ヨットは、約1.2万隻、約3.8%となっています。(計30.8万隻)

小型漁船小型海水動力漁船

小型漁船小型海水動力漁船は28.8万隻有り、その約90%は、主として沿岸魚業に従事する5トン未満の小型船舶で占められています。

免許教習

免許教習は、免許が取得し易い国家試験免除コース(学科・実技とも)です。
一見難しそうに思える教習ですが、実は小型船舶の免許は取得しやすいものなのです。切明海事事務所はしっかりとした教習とサポートがあります。国家試験免除(学科・実技とも)で免許取得が可能です。さぁ、夢の第一歩を踏み出しましょう!

免許教習

講習内容
小型船舶操縦者法に従い、海上交通のルール、天気のこと、エンジンの取り扱い、海図の使用法と船の位置の出し方、事故時の対応等範囲は広いですが、ベテランの講師が取得まで丁寧に指導します。
学科講習
福岡市、伊万里市、久留米市、大川市など開講します。
ご希望があれば臨時出張開講も申し受けます。
実技教習
実技教習は、博多港で行います。博多港は湾内も広く、博多港周辺には、大型ヨットハーバー・マリゾン、マリノアや漁港等も有り実技教習に最適の場所です。そのうえ、海上保安庁も有ります。

主催 オーシャン 免許取得者実績 25,000名(H.22.04現在)

免許の種類

一級小型船舶操縦士

総トン数20トン未満の船舶(水上オートバイを除く)で、操縦できる海域は無制限(世界一周も出来る)

但し、陸岸から100海里(約185km)以遠の海域を航行する場合は、6級海技士(機関)以上の資格を受有する者を乗り組ませねば成らない。
(受講資格 17歳9ヶ月)

二級小型船舶操縦士
総トン数20トン未満の船舶(水上オートバイを除く)で海岸から5海里以内の水域および平水区域を航行できる操縦免許(年齢18歳未満は操縦できる船舶の大きさが5トン未満に制限される)
湖川小馬力限定免許
総トン数5トン未満、航行区域を湖川など、エンジン出力15kw(約20馬力)未満に限定する免許もある
(1海里は1,852メートル)
特殊小型船舶操縦士
この免許がないと水上オートバイを操縦できません。
水上オートバイは船舶安全法の規準により、原則として湖川および海岸から2海里までの海域しか航行できません。
免許証の更新
操縦免許証の有効期間は5年間で、満了の1年前から申請により更新できます。この場合、身体適正に関する規準を満たし、かつ、一定の講習(操縦免許証更新講習)を受講する必要があります。
免許証の失効再交付
免許証の有効期間が満了し、免許証が失効してしまった場合は、身体適正に関する規準を満たし、かつ、一定の講習(操縦免許証失効再交付講習)を受講する必要があります。

免許を取得される方へ

  • これから教習する場合
  • 更新・失効再交付講習の場合
  • 受講のお申し込みはこちらから
  • 交通アクセス方法
TEL:0942-52-2720
※18:00以降のお問い合わせはメールにて受け付けております。
INFORMATION

就職にも有利な船舶免許を取得して、趣味も楽しむ人生を送りませんか?

切明海事事務所
(きりあけかいじじむしょ)
〒833-0003
福岡県筑後市羽犬塚489-1
  • 【TEL/FAX】0942-52-2720
  • 【営業時間】8:00~18:00
TEL:0942-52-2720
※18:00以降のお問い合わせはメールにて受け付けております。